フリーか商用か

CMSを会社で導入するとなると、その選び方次第で、プロジェクトの成功を左右させます。特に個人サイトと違い、一度導入すると、失敗したので、違うCMSにするということは簡単にはできません。UIは使いやすいか、必要な機能はあるか、そして導入コストを考えることになります。CMSとしてはオープンソースのフリーのタイプ、または有料となっている商用CMSがあり、目的のCMSがないとなると、開発することになります。

お金オープンソースのCMSは、数多くプラグインがあり、フィードバックによりバグも発見しやすく、こまめにバージョンアップしてくれます。しかし、設置などに躓いてもサポートを受けることはできず、プラグインやCMSの信憑性は保証されていません。商用CMSは、開発元が動作を保証しており、開発元のサポートも受けられるので、設置に躓くなどの場合にもサポートを受けられます。しかし、テンプレート変更したいとなると有料となり、CMS購入自体にお金がかかります。

フリーでも商用CMSでも、設置した後は、保守運用は必要となり、その分のコストはどちらのタイプを使っても発生します。オープンソースのCMSだと多くの方が使っており、設置するとどのような感じになるのかわかりやすく、商用CMSだと、細かいところのニーズにも有料ですが応えてくれます。

必要な機能

CMSを導入するならば、必要な機能が備わっているかを見て、自分のサイトのサーバーに導入可能かを調べ、最後に設置となります。設置可能かどうかは、CMS設置で必要とされるサーバーのスペックを調べれば、すぐにわかるでしょう

パソコン必要な機能がCMSに備わっているかは、CMSの機能一覧を見てもある程度わかりますが、実際に使ってみないとわからない部分もあります。特にオープンソースのCMSだと、有志の方がいくつもの機能を開発しているので、使いたい機能をプラスすることも、比較的簡単です。パッケージとなっているCMSだと、使ってみてから必要な機能がなかったということもあります。

もしも設置後にCMSに使いたい必要な機能がないとなると、違うCMSを設置するか、またはどこかのプログラム会社に、追加機能を開発してもらうかの2つになります。必要な機能が備わっているか見るためにも、CMSをサイトに設置するときは、最初から本格運用するのではなく、まずはテストサイトでテスト運用し、運用に耐えうる仕様かどうか見てみると良いでしょう。実際に設置してみると、思ったよりも機能が少ない、逆にフリーながらも高機能で使えるCMSだったなどのことがあります。

使いやすいUI

CMSにしても使いやすいUIとは、どのようなものを言うのでしょうか?たとえばブログを自分のサイトに設置すると仮定し、どのようなUIになっていると使いやすいか考えてみます。

女性たとえば、ブログの記事製作用のフォームに文章を入力し、最後にプレビューできるとしましょう。しかしプレビュー画面の文章が、改行なしに長々と表示されていては見にくいです。使いやすいUIを考えるなら、プレビュー画面で適切に改行されているべきでしょう。または、記事用の文章を入力し、最後に「投稿する」ボタンをクリックすると、実際に自分のサイトに文章が記事として投稿される仕組みとします。使いやすいUIを考えるなら、投稿するボタンをクリックした後は、投稿が完了しましたなどのページを表示させるべきでしょう。その表示がないと、投稿が正常に行われたのか、いちいちサイトを確認しないとなりません。

つまりは、CMSでも使いやすいUIとは、利用者のことを考えた作りになっているかということを意味します。やはり自分のサイトに目的に応じたCMSを設置するときは、いくつかのCMSを比べて、どれを使うか決めることになります。そのような時には、試しに使ってみて、使いやすいかどうかを考慮すると良いです。

コンテンツマネジメントシステムのUI

パソコンコンテンツマネジメントシステムはCMSと略して言われることが多く、Webコンテンツを構築するためのソフトウェアのことを言います。すでにパッケージになっているので、自分のサーバーに導入すると、HtmlやPHPの知識のない方でも、すぐにコンテンツを構築できます。たとえば、自分のサイトにブログを加えたり、サイトごと通販サイトにするなどのことが可能です。

コンテンツマネジメントシステムといっても、すでにパッケージになっているものから、独自開発したもの、またはオープンソースで利用者がカスタマイズできるタイプなど色々あります。サーバーにアップロードして、必要に応じてデータベースを設定し、パーミッション設定すると、サイトにCMSを設置完了となります。少しのサーバーの知識さえあれば、誰でも使えるので、初心者の方でも簡単に扱えます。

ただどのCMSを自分のサイトで使うか決めるときには、UIは重要となり、使いやすいUIのタイプを利用すると良いです。UIはユーザーインターフェースとなっており、CMSのメニューボタンや、フォームなど、CMSを使うときの入力や表示の仕組みのことを言います。

使いやすいUIになっていると、CMSで文字入力するときや、内容を更新するときなど、見やすく使いやすいので、スムーズに利用できます。逆にわかりにくい表示となっていると、使いにくくCMSを構築し更新するのも、手間がかかり時間が余計にかかります。

【参照サイト】vibit CMS Neo – CMS導入