フリーか商用か

CMSを会社で導入するとなると、その選び方次第で、プロジェクトの成功を左右させます。特に個人サイトと違い、一度導入すると、失敗したので、違うCMSにするということは簡単にはできません。UIは使いやすいか、必要な機能はあるか、そして導入コストを考えることになります。CMSとしてはオープンソースのフリーのタイプ、または有料となっている商用CMSがあり、目的のCMSがないとなると、開発することになります。

お金オープンソースのCMSは、数多くプラグインがあり、フィードバックによりバグも発見しやすく、こまめにバージョンアップしてくれます。しかし、設置などに躓いてもサポートを受けることはできず、プラグインやCMSの信憑性は保証されていません。商用CMSは、開発元が動作を保証しており、開発元のサポートも受けられるので、設置に躓くなどの場合にもサポートを受けられます。しかし、テンプレート変更したいとなると有料となり、CMS購入自体にお金がかかります。

フリーでも商用CMSでも、設置した後は、保守運用は必要となり、その分のコストはどちらのタイプを使っても発生します。オープンソースのCMSだと多くの方が使っており、設置するとどのような感じになるのかわかりやすく、商用CMSだと、細かいところのニーズにも有料ですが応えてくれます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket