コンテンツマネジメントシステムのUI

パソコンコンテンツマネジメントシステムはCMSと略して言われることが多く、Webコンテンツを構築するためのソフトウェアのことを言います。すでにパッケージになっているので、自分のサーバーに導入すると、HtmlやPHPの知識のない方でも、すぐにコンテンツを構築できます。たとえば、自分のサイトにブログを加えたり、サイトごと通販サイトにするなどのことが可能です。

コンテンツマネジメントシステムといっても、すでにパッケージになっているものから、独自開発したもの、またはオープンソースで利用者がカスタマイズできるタイプなど色々あります。サーバーにアップロードして、必要に応じてデータベースを設定し、パーミッション設定すると、サイトにCMSを設置完了となります。少しのサーバーの知識さえあれば、誰でも使えるので、初心者の方でも簡単に扱えます。

ただどのCMSを自分のサイトで使うか決めるときには、UIは重要となり、使いやすいUIのタイプを利用すると良いです。UIはユーザーインターフェースとなっており、CMSのメニューボタンや、フォームなど、CMSを使うときの入力や表示の仕組みのことを言います。

使いやすいUIになっていると、CMSで文字入力するときや、内容を更新するときなど、見やすく使いやすいので、スムーズに利用できます。逆にわかりにくい表示となっていると、使いにくくCMSを構築し更新するのも、手間がかかり時間が余計にかかります。

【参照サイト】vibit CMS Neo – CMS導入

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket